改造車の安心買取り

改造車の安心買取り

車社会の日本において、人気のあるもので月間40000台を超える数の新車が世に送り出されており、大人気車種ともなると10分に1台の割合で同じ車を目にすることがよくあります。同じ車を目にするということは、みんな同じ車に乗っているということですが、せっかく高いお金を出して自分専用の車を手にしたとしても結局はみんなと同じ車なのです。

この辺は日本人らしいというか日本人の悪いところというものが出ているところで、「みんなと一緒でなければいやだ。」「みんなと一緒でなければ安心できない」という考え方を持ち、個性というものを押しつぶしてみんなと合わせることによって「出る杭は打たれる」を避けるような風潮が強く出ているのです。逆に言えばこれが日本人の「おくゆかしさ」というものなのかもしれませんが、車に関しては右を見ても同じ左を見ても同じでは、あまりにも個性がなさすぎます。大体このようなみんなと同じということで安心している方は基本的には車に興味がない方で車を生活の道具にしている方が多く、車が好きで車を人生の楽しみの一つとしている方とは車を見る目が全く違うのです。こういう車好きの方は、一般の方とは逆に「みんなと一緒では嫌だ」「自分ならではの車がほしい」と思っている方が多いので、車にいろいろなパーツを付けて自分らしさというものを表現します。

俗に言う改造車ということになりますが、改造といっても法律に反した「違法改造」と法律にのっとって行う「合法改造」という2つにわけることができます。日本では、基本的に自動車メーカーから出庫した時の状態や車検証にあるデータと相違点がある場合は改造車と扱われます。過去には改造すべてが「悪」と捉えられており、それだけで周りの見る目が変わりました。逆に今のように合法改造が出来るようになってからは、胸を張って堂々と公道を走ることができるようになったので、昔みたいにちょっと車高を下げているからといって肩身の狭い思いをしないで済むようになりました。しかし、一般的にはまだまだ「改造=違法改造=悪」という公式が存在するようで、人によっては理解してくれないこともあります。このような車に乗っている方がいざ車を売ろうと思っても一般の買取業者はあまりいい顔はせず、店の看板にも「改造車買い取り出来ません。」的なことまで書かれ、話しかけてみてもあわよくば他に行ってもらいたいような口ぶりで何気なく断られることも多々あります。しかし、そんな改造車でも改造車買取を専門に行っている業者に持っていけば改造部分もきちんと評価してくれますし、単なる違法改造車と見られることはないでしょう。そこでどのようにしたら改造車を高く見積もってくれるようになるのか考えてみましょう。(改造車の見積りはこちら。